経理

e-tax(電子申告)を使った確定申告のやり方。個人事業主の方へ「やよいの青色申告オンライン」を使った申告の手順を解説。

e-Taxで確定申告

こんにちは!kikicoです。

個人事業主の方、

2020年度分の確定申告から、e-tax(電子申告)を利用すると控除額が増えることをご存知でしょうか?

kikico
kikico
2020年度分から控除額が10万円増えるんです!
控除額の変更

私も、2017年度分までは帳簿を見て確定申告の書類を手書きで書いて税務署へ提出していました。

しかし、控除額が変わるとのことなので今年(2018年度分)初めて重い腰を上げて、e-tax(電子申告)にチャレンジしてみました。

実際に電子申告をしてみてスムーズにいかないこともあったので、自分の忘備録も兼ねてe-taxを使った申告の手順をまとめました。

帳簿は「やよいの青色申告 オンライン」を使用しています。

電子申告をするのはめんどくさそう…と思う方も多いと思います(私)。

そんな方への参考になれば幸いです。

電子申告にするべき?
【個人事業主の確定申告】私が電子申告(e-tax)にしようを思った訳。控除額が2020年分から変更!こんにちは!kikicoです。 個人事業主の皆さん、青色申告していますか? そして2020年分の確定申告から控除額が...

「やよいの青色申告オンライン」で「確定申告書」の作成をする

申告する前の準備をします。まずは、1年分の帳簿の入力を完了させてしまいましょう。

  1. 「かんたん取引入力」で経費になるものを入力します。
    かんたん取引入力
  2. 入力が終ったら、口座の残高や内容に間違いがないかを「帳簿」で確認します。
    帳簿
  3. 「帳簿」に間違いがなければ、「確定申告」に進みます。
    確定申告の作成
  4. 減価償却を入力し完了させます。
  5. 青色申告決算書の作成をします。
  6. 作成をしたら、「青色申告決算書」「仕訳帳」「総勘定元帳」を保管用に印刷します。
  7. 「確定申告書」を作成して保管用に印刷します。(医療費明細、所得控除などの入力もします)
  8. 所得税e-Taxデータをダウンロードする←このデータを税務署へオンラインで提出することになります!
    確定申告書の作成

e-Taxソフト(Web版)を使って申告をする方法(マイナンバーカード方式)

kikico
kikico
申告するデータの準備ができたら、いよいよe-Taxで申告をします。

マイナンバーカード方式で申告するので、マイナンバーカードとカードライタを用意しておきましょう。

e-Tax(Web版)

<Windowsの場合>

マイナンバー方式で、e-Taxで送信する場合

ブラウザは「Internet Explorer 11」のみしかできません!

<「Microsoft Edge」を「Internet Explorer 11」にする方法>

Microsoft Edgeのブラウザの右上のボタンを押して、「Internet Explorerで開く」をクリックすると、Internet Explorerの画面が開きます。

Internet Explorer 11

e-Tax web版を利用するには「事前セットアップ」が必要

また、e-Taxソフト(Web版)を利用するには、「事前準備セットアップ」が必要となります。

事前準備セットアップのページはこちら

http://www.e-tax.nta.go.jp/e-taxsoftweb/e-taxsoftweb1.htm#Link4

初めてe-Taxを利用する時は「利用者識別番号」を取得する

e-Taxを利用するには、「利用者識別番号」を取得しなければなりません。

「利用者識別番号」の取得ページ

https://kaishi.e-tax.nta.go.jp/SU_APP/lnk/kaishiShinkiKojin?SS000120

 

利用者識別番号とは、e-Taxをご利用いただくために必要な半角16桁の番号です。 暗証番号とは、利用者識別番号を取得又は更新した際に登録した半角英数字8文字以上50文字以内のものです。

参照:e-Tax – 国税庁より

利用者識別番号取得 利用者識別番号取得

e-Taxソフトにログインするのに、利用者識別番号が利用できます。

e-Taxソフト(Web版)にログインする

準備ができたら、ようやくマイナンバーカードを利用してログインできます。

e-Taxにログイン マイナンバーカードを使用する 利用者照明用パスワードを入力

ログインしたら、次に利用者情報の登録します。

登録

いよいよ申告をします。「やよい青色申告オンライン」で作成した「所得税e-Taxデータ」(.xtx)を選んで送信します。

申告 作成済みデータの利用 所得税e-Taxデータ

画面に従って進めていけばOK!

途中で、税目を入力する場面があります。

そこで、

税目:申告所得税とすると、

 「課税期間は平成24年まで、または平成50年以降の日付を入力してください。」

というエラーが出て、先に進むことができません!!

正しくは、

税目:申告所得税及復興特別所得税

なので、注意しましょう!

kikico
kikico
平成25年分から平成49年分までは東日本大震災からの復興を図るための施策に必要な財源を確保するため、復興特別所得税を所得税と併せて申告・納付することとされているのです。

添付書類に関して

「やよいの青色申告 オンライン」で作成したe-Tax申告データの中には

  • 所得税確定申告書B 第一表・第二表
  • 青色申告決算書(一般用)
  • 医療費控除の明細書

が含まれます。

kikico
kikico
医療費控除の明細書を別途郵送で送る必要はありません!

また、税務署に提出する確定申告書に支払調書を添付する必要はありません!

kikico
kikico
今まで、ずっとコピーして添付していたのですが、出しても出さなくてもどちらでもいいとのことです。

申告が終わったら

申告が終わったら、税務署から何かあればお知らせメールが届きます。

メールが来たら、e-Taxにログインして処理状況を確認しましょう。

e-Taxにログインに毎度マイナンバーカードが必要?

e-Taxにログインするたびに、マイナンバーカードをカードライタを使って読み取るってめんどくさい…と思っているのは私だけでしょうか?

e-Taxにログインする方法は2種類あります。

  • マイナンバーカードをカードライタを使って読み取りログイン
  • 利用者識別番号と暗証番号入力してログイン
e-Taxのログイン

どちらがログインしやすいかはそれぞれだと思いますが、私はいちいちカードライタを使うのがめんどくさいので、利用者識別番号を入力してログインすることにしました。

利用者識別番号も暗証番号も忘れてしまったという場合

私は、申告中はマイナンバーカードでログインしていたので利用者識別番号も暗証番号も忘れてしまいました…!

でも大丈夫!利用者識別番号も暗証番号も確認・再設定出来ます。

  1. e-Taxに一度マイナンバーカードでログイン
  2. メインメニューの「各種登録・変更」をクリック
    各種登録・変更
  3. ここで、利用者識別番号か確認できます。さらに暗証番号を忘れてしまった場合は、「暗証番号の設定」をクリック
    利用者識別番号の確認
  4. 暗証番号の再設定
    暗証番号の再設定
  5. 完了
    暗証番号の再設定完了

還付が早かった!

うちは、還付申告なのですが3/3にe-taxにて申請して、3/22に還付処理が完了するとの連絡がありました。

実質3週間での処理です。

kikico
kikico
e-Taxのページに書いてある通りでした!郵送の時は、1ヶ月以上かかっていたような気がするのでちょっと早いですね。

最後に

利用者識別番号とマイナンバーの関連付けが上手くいかないという方もいるようなのですが、私の場合はエラーは出ずにそのまま通過できました。

何ででしょうか…?

それにしても、本当に分かりにくいですね!正直、控除額の件がなければe-Taxは使っていません。それほど便利とも思わないです…。

今回は、e-Taxを利用するにあたり、特にちょっと引っかかったところをピックアップして記事にしました。

細かな手順は、案内に従って進められるかと思いますが、また、来年の申請時に追記できるところは追記したいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。