働き方

フルタイムで共働きの私たちが、家事・子育てをうまく分担できた3つのコツ

こんにちは!kikicoです。

kikico
kikico
うちは二人ともフルタイム(在宅)で働いているので家事は分担しています!そんな我が家の家事分担方法をご紹介しますね~

 

共働きのご夫婦の方、家事分担どうしてますか?

どちらかに偏ったりしていませんか?

偏ってしまうと「しんどいのは同じなのになんで自分ばっかり!」イライラしてしまいますよね。

私たちは外へ働きには行っていませんが、仕事時間はフルタイムで二人とも働いているので家事分担については、今まで随分と試行錯誤してきました。

そんな、私たち夫婦ですが今は全くストレスを感じずに、家事分担ができているのでそのコツを書いていきたいと思います。

家事分担でストレスがある方、少しでもお役に立てばと思います。

どうぞ!

家事リストを作り、素直に好き・嫌いに分けてみる

家事・子育てって料理や洗濯のような分かりやすいもの以外にも実はたっくさんありますよね。

思いつくままにまず家事・子育てリストを作ってみて下さい。

書き出すと、こんなにあったのか~ってなると思いますよ。

参考までに、うちの家事リストです↓

他にも家事はあるのですが、普段は手がまわらないので年末の大掃除などに回しています。

我が家の家事リスト

料理

買い物

洗濯

洗濯たたみ

アイロンがけ

洗い物

洗い物拭き

掃除機・雑巾掛け

トイレ掃除

風呂掃除

猫の世話

車の管理・掃除

布団上げ

布団しき

衣類の管理

子供たちの勉強みる

子供たちと工作する

学校関係書類の管理

植物の管理

庭の手入れ

デジタル機器の管理

散髪

家計簿(お金の管理)

もう、こんなん、一人で出来るわけないやーん!ってなりますよね。

夫婦でこのリストを見て実感しましょう。フルタイムで働いていて、このリストを一人でこなすのなんて、無理すぎなのです。協力必須!

次に、この中で

一番担当したいもの、担当したくないものを夫婦で1つずつ上げます。

うちの場合

旦那…一番担当したいもの=料理 絶対に担当したくないもの=雑巾掛け

私…一番担当したいもの=洗濯 絶対に担当したくないもの=料理

となりました。

この、「絶対に担当したくないもの」 を相手にしてもらうだけで随分と気持ちが楽になります。

絶対に担当したくないものがかぶっていない場合は、超ラッキー!!

遠慮することなく、相方に担当にしてもらいましょう!

このようにして、お互い話し合い担当分けをしていくわけです。

どうしても、二人ともしたくない家事がある場合は、協力しましょう!これは仕方がありません・・・。負担は半分づつ分けましょう。

どうしても二人ともしたい家事がある場合は、日で分けても良いかもしれません。

うちは性格や好みが結構違うので、綺麗に担当が分かれました。↓

旦那…料理・買い物・アイロンがけ・猫の世話・車の管理・掃除・子供たちと工作する・植物の管理・庭の手入れ・デジタル機器の管理・散髪

…洗濯・洗濯たたみ・洗い物・洗い物拭き・掃除機・雑巾掛け・トイレ掃除・風呂掃除・布団上げ・布団しき・衣類の管理・子供たちの勉強みる・学校関係書類の管理・家計簿(お金の管理)

kikico
kikico
私は、片付けや整理整頓するのが好きなのですが、料理するのは好きではないのでこの担当分けで気持ちがずいぶん楽になりました!

 

自分担当の家事はとことん好きなようにする

担当が決まりました!

では次です。

担当エリアは、自分エリア。好きなようにしていいのです!自分流をとことん入れ込みましょう。

相手に気を遣わずに、自分に一番合っているやり方で家事をしましょう。

私は、洗濯が担当なので洗濯の干し方、たたみ方、時間、雨の日の干し方、洗剤・柔軟剤など超自分好みにしています。

そうすると、家事ってだんだん楽しくなってくるんですよ~

ハンガーとかも統一したものに変えていきたいなぁって思っています。おしゃれなハンガーないかなぁとか♪

kikico
kikico
自分の好きなようにしていい家事は、めんどくさーいってならなくなりますよ!

相手の担当家事については口を出さないこと

ここでひとつ注意点!

絶対に守ってください。

相手の担当家事については、絶対に口を挟まない事!

これをされると、テンションだだ下がり。

もしも気になったとしても、自分の担当ではない家事については一切口を出してはいけません。

自分の担当エリアのみに目を向けましょう。

どうしても気になる場合は、担当を見直すのもいいですよ。

実は、自分が気になる分野だったってことです。

しかも、自分から担当したいっていうんだから、前向きな選択!ポジティブに担当変更しましょう。間違っても、相手のやり方を否定しちゃだめですよ!

kikico
kikico
私は家事が楽しくなってくると、エリア拡大したくなっちゃうんです。でも、フルタイムで働いているので時間的に限度があるので、そこは我慢しています。上手に気持ちをコントロールしたいですね

 

まとめ

最後に…

これは忘れちゃいけないこと。

思いやり

なんだかんだで、これがベースにあるからできることだと思うんです。やっぱり、お互い支え合って楽しく過ごせるんです。

大変な時は助け、自分も助けてもらいましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございました