気になるニュース

2019年12月にマイクロソフトはモバイルから完全撤退!iOSやAndroidのエクセルやワードはそのまま使えるの?

マイクロソフトがモバイルOSから撤退

こんにちは!kikicoです。

皆さんは、スマホやタブレットのOSは何をお使いでしょうか?

Microsoftが2019年12月にモバイル向けOSから完全撤退するそうです。

2019年1月のNETMARKETSHAREの調べでは、

  • Android…70.05%
  • iOS…28.84%
  • Windows Phone OS…0.06%

となっています。

モバイル・タブレットのOSのシェア

kikico
kikico
AndroidとiOSがほどんどのシェアを占めているのですね

そこで気になるのが、撤退後のサポート体制です。

iOSやAndroidのエクセルやワードはそのまま使えるのか。

Windows 10 Mobileをお使いの方はもちろん、iOSやAndroidのユーザーも気になるところなのでまとめました。

参考になれば幸いです。

モバイルosは撤退するけど、アプリの開発はもちろんする

結論から…

モバイルOSの開発からは撤退するけれど、Microsoftが出しているAndroidやiOS向けのアプリ開発、サポートは継続するそうです!

kikico
kikico
エクセルやワードはもちろん、他のMicrosoftの出しているアプリはそのまま使えるとのことです。良かったです。

そして、法人顧客向けのWindows 10 Mobile に関してはサポート終了前までに他のプラットフォームに移行できるようにサポートしてくれるとのことです。

 

Android または iOS のプラットフォームやデバイスを既に導入しているお客様やパートナー様のニーズおよび要望に合わせて発展してきました。世界中の人々や企業がより多くのことを達成できるように力添えするという Microsoft の企業方針により、当社はサポートされている Android および iOS デバイスで Microsoft のモバイル アプリをサポートすることを余儀なくされています。

引用元:Windows 10 Mobile のサポート終了: よくあるご質問

 

今後はどうなる?Microsoftのウェアラブルデバイス

ウェアラブル

Microsoftで気になることといえば、ウェアラブルデバイス。スマートウォッチなどですね。

ウェアラブルとは…着用できるコンピューターのこと

Microsoftはモバイルでは撤退することになりましたが、ウェアラブルデバイスでシェアを獲得するとどこかのニュースで読んだので気になるところです。

ウェアラブル用のosはまた別の話なのでしょうか…調べてみたけどわかりませんでした。2017年の時点では意欲的だったけど…今後はどうなるのかわからないですね。

下の商品が今アマゾンでベストセラー1位のスマートウォッチ。血圧や歩数計など色々ついて約4,000円と安い。

kikico
kikico
45,800円のアップルウォッチに比べたら、約1/10の安さ!もちろんApple製品はおしゃれだし大好きだけど、このスマートウォッチ…欲しい!母の日か、誕生日にねだってみるか…!

 

最後に

Microsoftのモバイル向けOS(Windows 10 Mobile)は2017年6月の時点でリベンジと言っていたのに、結果撤退という形になってしまいました。

それほどに他が強かったのですね。

特にAndroidは70%以上。iOSも厳しくなってくるかもしれませんね。シェアの割合によってどの分野の開発に力を入れるか、生き残るために各企業がんばっています。

kikico
kikico
私はiOS向けのアプリで好きなものが多いので、Appleには是非頑張って頂きたいです!

最後まで読んで頂きありがとうございました。