働き方

シンプリストvsマキシマリスト!フリーランス夫婦の20年にわたる陣地取り

玄関

こんにちは!kikicoです。↑こちらの写真、玄関担当の旦那エリアです。

kikico
kikico
今回は、シンプリストとマキシマリスト について書いていきまーす
  • シンプリスト=極力ものをシンプルにして生活していく人
  • マキシマリスト=たくさんのものに囲まれて生活していく人

と言われてますね!

私はどうやらミニマリストではなくシンプリストのようです。

みなさんは、どうでしょうか?

うちみたいに全くタイプの違う夫婦の方、実はたくさんいるのではないでしょうか?

では、どうやって1つの家に住んできたのか、うまく暮らしていくにはどうすれば良いか参考になれば幸いです。

相手(シンプリスト、マキシマリスト)の気持ちは理解しなくていいよ、知るだけでいい

 

今では完全に仕事部屋は分けてまーす!しかも、見えない位置にお互いの部屋を設けてます。

だって、絶対理解なんてできないでしょう?

それを無理して理解しようとしなくていいんです。だって、夫婦であっても自分と違うんだから。

それよりも、相手がどのように思うかだけを知っておけば意見がぶつかり合うこともありません。

相手に分かってほしいと思うから、揉めるんです。自分の考えを押し付けるから揉めるんです。

そんなことしなくていい。

お互い違うけど、尊重しあって、どうすれば上手くできるかを考えましょう。

kikico
kikico
かつては何度も融合にチャレンジしてきましたが、その先に出来上がった部屋は…お互いがなんだかモヤっとする部屋でした(笑)

思い切って部屋を分けたら、なんとも気持ちがスッキリ!早くこうすりゃ良かったと思いました~

担当エリアを分けてしまおう。陣地分け

共通エリアはどうする?

シンプルな感じ?それともたくさん飾り物がある感じ?

ってなりますよね。

私たちも今まで何度も模様替えを繰り返してきましたが、やっぱりお互いの好みを融合しようとすると上手くいかないんです。

なので、担当エリアを分けています!

  • 旦那=キッチン、ダイニング(料理担当)、玄関(植物担当)旦那の部屋、庭(植物担当)、車
  • 私=洗面所(洗濯担当)、子供部屋(育児担当)、トイレ(掃除担当)クローゼット(衣類担当)、リビング(掃除担当)、私の部屋

このような感じで、家事担当部屋ごとに分けています。

「ここは、私のエリア内!口出し無用!!」てな感じです。

20年、試行錯誤をしてきた結果このような陣地配分となったのです。

今はこれで落ち着いています。

1日家にいるのだから、ストレスフリーの場所をお互いに作る

是非、ストレスフリーの場所をお互いに作ってください!

一番長く過ごす部屋は自分の好みにしたいですよね。

主婦の方なら、リビングやキッチンでしょうか。

私は仕事時間が長いので、仕事部屋が一番過ごす時間が長いです。

なので、この仕事部屋はとことん自分好みにしています。

机、椅子、電話、観葉植物、パソコン、プリンター、ライト、手帳、文房具、携帯…見えているのはこれくらい。

あと必要なものは、引き出しや収納スペースに入れて見えないようにしています。本も見えないところにしまっておいて、必要な時に取り出します。

徹底して自分好みにすると、落ち着くのでとっても仕事がはかどります。

これ以外なんも置いてませーん↓(私の仕事部屋:6畳)
仕事部屋

kikico
kikico
正直言って、自分でもここまでシンプルな部屋が好みだったとは気が付かなかったんですよ。とことんしてみるってホント大切!してみないと気が付かない事ってあるんです。無意識に家族に気を使っているのかも・・・

まとめ

家族を持つと、やっぱり自分の好きなようにはできなくなってきますよね。

でも、敢えて自分の好きなようにできる場所を作ることによって、家族が円満に過ごせるとも思うのです。

雑貨に囲まれて生活したい、マキシマリストの旦那。

部屋に極力使わないものは置きたくないシンプリストの私。

二人とも在宅ワーカーなんで、1日中家にいるんですよ!

一緒に過ごしていたら陣地とりが自然と発生するわけです。ストレスって家族に向けられることが多いのが事実。

それを回避するためには自分スペースの確保が必須!

kikico
kikico
自分でストレス解消できるスペースを確保して、みんな笑って過ごせる家にしましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございました。