アドセンス

アドセンスの広告コードがwordpressダッシュボードで保存できない原因はWAFの設定でした!

WAFの設定

こんにちは!kikicoです。

まず、グーグルアドセンスに合格した方、おめでとうございます!

kikico
kikico
これから収益化ですね!

さて、合格したらまずアドセンスを貼り付ける作業をしなければいけませんよね。

私はアドセンスの広告コードを、wordpressダッシュボードにて問題なく貼り付けることができました。

しかし、なぜか夫は自分のブログのwordpressダッシュボードに広告コードを貼り付けても保存できないという症状が出てしまったのです。

今回は、「アドセンス広告を貼り付けることができない」という方へ、対処法を記事にしました。

参考になれば幸いです。

原因はWAF(ワフ)セキュリティー対策がオンになっていたから

グーグルアドセンスに合格すると、広告コードが取得できます。

私も夫もワードプレスのJINというテーマを使っているのですが、夫のブログだけ広告管理のPC欄も、ウィジェットのカスタムHTML欄に広告コードを貼ると保存できない状態でした。

広告コードが保存できなかった原因

実は、私と夫のブログは使用しているレンタルサーバーが違っていたのです。

  • 私はXserver
  • 夫はConoHa Wing(コノハウィング)

皆さんは、WAFという言葉をご存知でしょうか?

WAFとはWeb Application Firewallの略で、ウェブアプリケーションへの攻撃を保護するセキュリティ対策のことです。

とても大切なセキュリティー対策ですよね。

でも、実はこのWAFのディフォルトの設定がレンタルサーバーによって違っていたのが原因だったのです。

  • Xserverは、WAFの設定が初めは「OFF」
  • ConoHa Wing(コノハウィング)は、WAFの設定が初めから「ON」

ConoHa Wingは、始めからWAFの設定が「オン」に設定されていたために、広告コードが保存できなかったのです。

kikico
kikico
アドセンスの広告コードにはスクリプトが記述されているのですが、このWAFはスクリプトを実行させてくれません。なので保存できなかったということになります。
アドセンスの広告コード

対応策はWAFをオフにすること

ConoHa Wingのレンタルサーバーを使っていて、アドセンスの広告コードがワードプレスにて保存できない場合は、WAFの設定を一度「オフ」にしましょう。

ConoHa Wing(コノハウィング)のWAFの設定

ご利用ガイドWAFの設定をする

kikico
kikico
WAFの設定は、レンタルサーバーでできるのです。

参考までに、このブログのレンタルサーバーのXserverのWAFの設定場所を記載しました。

2018年7月18日より、WAF設定が無料で利用できるようになりました。ディフォルトは「OFF」になっています。

なので、問題なく広告コードを貼り付けたことができたのです。

<XserverのWAFの設定>

  1. サーバーパネルに入る
  2. WAF設定というところを押す
    WAFの設定
  3. 設定したいドメインを選択
    ドメインを決める
  4. 各項目の「ON」「OFF」を決める
    WAFの設定

最後に忘れてはいけません。

アドセンスの広告コードを貼り付けた後は必ずWAFの設定を見直してくださいね。

最後に

ブログを運営していると、次々に難しいことが出てきますよね。

このようにして知識がついていくのだなぁと実感しています。きっとこれからもまだまだ覚えないといけないことがたくさんあるのだと思います。

kikico
kikico
壁にぶつかるたびに苦しい想いをするわけですが、くじけずに丁寧に解決していけたらなと思っています。

今回の記事が、皆さんの時短につながりますように…

最後まで読んで頂きありがとうございました。