【RISUレビュー】小学生の息子が体験!算数の力を伸ばしたいならタブレット学習「RISU(リス)算数」がおススメの理由。

RISU算数レビュー
  • URL Copied!
  • 算数が苦手なので対策したい
  • 学年関係なく算数の学習を進めたい
  • RISUが気になっているけど迷っている
  • RISU算数が実際にどんな感じなのかを知りたい
  • タブレット、タッチペンの操作感が知りたい

という方へ

こんにちは!kikicoです。

タブレット学習って本当に色々あるので教材を選ぶのにお悩みの方も多いと思いますが、「算数の力を伸ばしたい!」のなら是非おすすめしたいのが、RISU(リス)算数!

小5の息子が体験してみたのですが、「算数の力を伸ばしてあげたい!」「算数を苦手にさせたくない!」という方にピッタリだと思う教材でした。

なので、今回はそんなRISU算数のレビューしたいと思います。実際に息子が取り組む様子や使用感などを記事にしたので、気になる方は是非読んでみてください!

kikico

「算数に力を入れたい!」「算数を苦手にさせたくない」という方の参考になれば幸いです。

1週間だけRISUのタブレットを試すことができるキャンペーンです!利用したい方はこちらからどうぞ♪

一週間お試しキャンペーンはこちら!

目次

「RISU(リス)算数」ってどんな教材?

kikico

よく耳にするRISU(リス)算数ってどんな教材なの?と気になりますよね。なので、まず簡単にご紹介します!

RISU(リス)算数は一言でいうと「タブレットを使用した算数特化型の教材」です。

主な特長は

  • 算数に特化している
  • 無学年生で、一人一人のデータを分析して実力にあったレッスンを自動生成
  • 文章量が多めの算数問題をしっかり出題してくれる
  • 東大生などの大学生が動画でサポートしてくれる
  • 学習スピードに合わせて料金が変わる
  • 中学受験の内容にも対応(6年分が終わった後)
  • 算数検定の受験料助成

といった教材です。

個別フォロー付きの算数タブレット学習で算数が苦手でも克服できるようなフォローがしっかりされる仕組みになっているとのこと!

kikico

しかも、学年に関係なくどんどん進むことができるのも魅力的!

算数が苦手な場合、逆に算数をどんどん伸ばしたい場合、どちらにもしっかり対応できるようになっています。

また、「鶴亀算」などの問題にも対応しているので中学受験を考えている場合にも安心して取り組めます。

では、実際にどんな感じの教材なのか、小5息子が体験したのでレビューしていきたいと思います!

RISU(リス)算数のタブレットはこのようにして届きました!

RISU算数に申し込むと下のようなセットが届きました。

タブレットとタッチペン、コードと充電用アダプターと説明書等というシンプルなセットです。

RISU算数の届いたもの

タブレットカバーの質感が良い

ちょっと驚いたのが、タブレットカバーの質感が結構良い!ということです。

毎日使うものなのでカバーがしっかりしていないと、すぐ汚れたり破れたりして勉強のモチベーションも下がる原因にもなります。

その点、このタブレットカバーは触り心地も強度もとても良いものだなぁと感じました。

タブレットカバー
kikico

また、立てて使うこともできるカバーになっていました。動画を見る時は立てると見やすいですね。

立てて使う

タッチペンは2種類

タッチペン

タッチペンは色違いで2本入っていますので自分で用意する必要はありません。長さは短めですが使う時に問題はなさそうです。

先は丸くなっていますが、画面に文字を書くときは細い線になりましたよ。

タッチペンの使い心地

タブレット学習が初めてでも大丈夫!Wifiを設定するだけでスタートできる。

タブレット学習が初めての場合、「ちゃんと始めることができるかな?」「設定とかって難しいんじゃ…」と不安になる方も多いかと思います。

kikico

RISU算数はその点安心して良いと思います。

電源を入れてWifiの設定をすれば、あとはガイダンス通りに進めればOK。タブレットの使い方、勉強の進め方などすべてきちんと分かるようになっていて悩むことはありません。

なので、タブレット学習に不安がある方でも安心して始めることができますよ!

Wifiの設定

【レビュー】実際にRISU(リス)算数に取り組みました

それでは、実際のRISU算数の内容についてレビューしていきたいと思います。

丁寧な学習のガイダンスで使い方もバッチリに

Wifiの設定が終わったら、初めに学習の進め方などの丁寧なガイダンスが始まります。どのように学習を進めていくかが分かるので安心してスタートをきることができます。

低学年でも読めるように「ひらがな」が使われています。

タブレット学習のガイダンス
kikico

子供が自分自身で自主的に進められるような形になっているのは親にとってとてもありがたいです。

まずは実力テストで現在の学力をチェックしてからスタート!

一通りのガイダンスが終わったら、実力テストを受けるという流れになっています。毎日の学習を始めるにあたっての学力チェックですね。

これを受けることで、自分の実力からスタートすることができるようになっています。

スタートするところを学力で決めてくれるというのは、少ない勉強時間をより効率的に使えるということなのでとても良い形だと思います。

実力テスト
kikico

初めはちょっとぎこちない使い方をしていました…(笑)腕上がりすぎ!!

ぎこちない持ち方

1日20~30分で無理なく取り組めるのが良い

実力テストが終わったらスタートする学習内容が決まりました。スタート地点が1つではなく2つあったので、好きな方から始めることにしました。

取り組みたいところが自分でも選べる形になっているのは息子にとって良かったみたいです。

kikico

選ぶ楽しみって大切ですよね!

RISUの学習内容
細かく分かれている

また、上の写真のように1つの単元でも細かく取り組む量を分けてくれているので、学習時間に幅を付けられるのも良かったです。

kikico

例えば、今日は10分だけ、今日は30分やろうかな、また1つだけ進めよう、5個やるぞーなど色々状況や気分でも進める量を調整できる形になっています。

ステージをクリアすると次のステージに進めます。クリアしたときの効果音もすごく達成感のある音で考えられてるなぁ~と思いました。

ステージクリア
kikico

進めることができるステージが増えました!

次のステージへ進める

タブレット上の広い範囲でメモができる

算数って筆算しなければ解けない場合や、メモして考えを整理することが多い教科だと思います。

今まで我が家でもタブレット学習を色々してきたのですが、ノートや紙へ鉛筆に持ち替えてメモするってとってもめんどくさいんですよね。なので、結局暗算で計算してしまい間違う…という場合が多かったのです。

なので、決められた場所のみではなく、問題と問題のすき間などにもメモが取れるというのはありがたかったですね。

ただ小さい字は書きにくいみたいなので、もうちょっとスペースが広かったら良かったな~と思いました。

メモが取れる

ポイントなどでやりたい気持ちが維持される

問題を解くごとにポイントがゲットできたりチャレンジ問題に挑戦できたりする仕組みになっていのですが、やはり子供にとってはモチベーションにつながるようです。

kikico

息子はどんどんポイントがたまっていくのが楽しいと言っていました~

ポイントでどんなものが手に入るのか、すぐに確認できるのも良いみたいです。「これが欲しい!」「チャレンジ問題してみたい!」という力を借りることによって、ちょっとしんどいな、という気持ちになっても学習習慣を維持できます。

ポイントゲット
カギゲット

学習後に親に取り組んだ内容のメールが届く

子供にずっと付きっ切りというわけにはいかないので、自分自身でどんどん進めてくれるのはとっても助かります。でも、子供がどれくらい進んでいて理解しているのか分からない状態でいるのはとても不安ですよね。

RISU算数では、親へ学習の取り組みに関する内容のメールが結構頻繁に届くんです。なのでとても安心。また、声掛けがしやすいなぁと思いました。

東大生や早稲田大学などのチューターの方から丁寧な解説動画が届く

つまずいたところなど、ピンポイントで解説してくれる動画が届くのも驚きました。

理解しているところを動画で見るのは時間がもったいないなと感じますが、RISU算数のようにその子に今必要な動画を送ってくれるシステムは時間を効率よく使えているなと思います。

また、説明がとても丁寧です。ただ問題と解いていくだけではなく、実際に先生が解説してくれる動画を見ると人を感じられて孤独感もないですよね。特に苦手なところは一人で理解していくのは精神的にもしんどいので、動画が届くのは良いなぁと思いました。

リスの動画

【感想】小学生息子が実際に体験してみて

実際に1週間ほど取り組んでみたので息子に感想を聞いてみました。

  • ポイントをためるのが楽しい!
  • ステージクリアしていくのが楽しい!
  • 鬼チャレンジが出てこなくて残念…
  • タブレットにメモできるのがいい
  • タッチペンがちょっと使いにくい

調子の良いタイミングで「鬼チャレンジ」が出てくるという事だったのですが、調子が悪いのか…(笑)なかなか出てこなくてちょっとがっかりしていました。でもすぐに、「出てくるまで頑張る!!」と意気込んでいたのでほっとしました。

kikico

やはりゲーム感覚でクリアしていくのが楽しいみたいです。続けられる仕掛けがとてもありがたいです。

【感想】子供の取り組む様子や内容を見て

慣れないうちは答えを打ち間違えたり、問題を見逃したりというミスが目立ちました。でも、しばらく取り組むうちにこのようなミスは減ってきたので、ちょっと慣れが必要なのかなと思いました。

また、タッチペンの扱いもちょっと(数時間ですが)慣れるのに時間が必要でした。ただ今では自然と使っているので学習に支障はないかなと思っています。

算数の力だけでなく、読む力もつくだろうなと感じた内容

問題を見てみると、計算問題だけでなく文章問題がとても多めだなぁという印象でした。これだけの文章を毎日読んで問題を解いていけば、「読む力」は確実につくと思います。

kikico

読みなれていなかったら、解釈間違いや読み飛ばしによって間違ってしまうことがあるので、「読む力」が日々ついていくというのはとても助かります。

分からないところを逃さず丁寧に進めてくれるので安心

算数って積み上げの教科です。算数が理解できていないままでは、中学校の数学は理解できません。

なのでピンポイントで苦手分野や分からないところを逃さず学習できるのがとても心強い教材です。きちんと理解をしたと判断されてから次へ進めらるのは、本当に安心だなと感じました。

RISU(リス)算数を体験してみたいという方へ

kikico

教材は子供に合ったものを慎重に選びたいですよね。RISU算数は体験できます!これ大事。

RISU算数は、「1週間だけ1980円(税込)でRISUのタブレットを試すことができる」キャンペーンをしています。

算数に特化したRISU算数ならではの学習法を一度体験してみてはいかがでしょうか?

気に入ってお試し後も続ける場合はお試し費用は無料です!

1週間だけRISUのタブレットを試すことができるキャンペーンです!利用したい方はこちらから

一週間お試しキャンペーンはこちら!

最後に

いかがだったでしょうか?

タブレットを使った教材も色々ありますが、算数の力は伸ばしたい!算数は苦手にしたくない!と思うのであれば、RISU算数はとてもおすすめの教材でした。

興味のある方は是非試してみてくださいね!

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

RISU算数レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

関連記事

目次
閉じる