ハンドメイド

学校で描いた絵画、そのまま捨てるのはなんだかもったいない・・・と思ったら「しおり」にするのがオススメ!

絵画のしおり

こんにちは!kikicoです。

子供たちは、もうすぐ冬休み!

学期末や学年末には、絵や工作したものなどもまとめてたくさん持ち帰ってきますよね。

kikico
kikico
子供たちが学校から持ち帰ってくる絵画・・・皆さんどうしてますか?

「子供たちが一生懸命作った作品、どうしようか…?」と悩む親御さん多いのではないでしょうか。

「子供たちの作品をどのようにしているのか」をママさんたちに聞いてみると

  • ちょっとの間飾っておいてさよならする。
  • 作品を写真に撮ってデジタル保管する。
  • 現物を保管しておく。
  • スクラップする。

など、皆さん様々でした。うちも、しばらく飾ってさよなら…というパターンが多いんですが、それでも捨てきれずまだたくさん作品をしまっています(笑)

今回は、そんな子供の作品を「しおり」にしてみました!

そのまま捨てるのは、なんだかもったいないな…という方、是非試してみて下さい!

絵画はしばらく飾った後、「しおり」にして利用!

そのまま処分するのは、なんかもったいないな…という作品を、「しおり」にしてみました!

色が、本などについてしまわないように「クリアラッカー」を作品に吹きかけておくと良いですよ!

クリアラッカーを吹きかけて乾いたら、好きな大きさ、好きな場所をカットします。

ただ切っただけですが、良い雰囲気になりました!

kikico
kikico
これなら役に立つし、綺麗だし子供たちもご納得です。

うちでは、そのまま読みかけの本に挟んで使っています。縦長でなくても良いし、上にリボンを付けてもいいかもしれませんね。

おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントしてもいいかも。裏にメッセージも書いて渡せば喜んで貰えるのではないでしょうか?

みなさんおためしあれ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。