中学生の生活習慣

中学生だからこそ、手帳をつけて欲しい5つの理由【週間バーチカルタイプの手帳がおすすめ!】

中学生には週間バーチカルタイプの手帳を持ってほしい
  • 中学校生活を充実したものにして欲しい
  • 目標を達成するための計画を自分で立てれるようになってほしい
  • 子どもには自分管理をしっかりできるようになってほしい

という方へ

こんにちは!kikicoです。

kikico
kikico
子どもが中学生にもなると、 いつまでも親にあれこれ言われたくない時期に突入しますよね。

しかし勉強面でも生活面でも自立して欲しいと思う反面、親としてはしっかりできるのか心配でもあります。

例えば、

  • 朝、起こさなくても自分で起きる
  • 宿題やテスト勉強の計画を自分でしっかり立てれるようになる
  • 自由な時間と、がんばる時間のバランスを自分でとれるようになる

など、まだ自分だけでは難しい…という部分も多いのではないでしょうか。

このようなことも含め、自分で1日をコントロールするために手帳はとっても大切なツールです。

小学生のうちはまず「手帳をつけることに慣れる」「時間を意識する」ということが手帳の役割で、親と一緒に手帳を確認しながら使用するのが良いと思います。

しかし、中学生では自分自身で「自分で計画を立て、実行し、チェックし、反省をする」ということが手帳の役割となってきます。

今回は、忙しい中学生生活をなるべく充実して過ごして欲しいと思っている親御さんへ、手帳のメリットとおすすめ本を紹介したいと思います。

参考になれば幸いです。

中学生に手帳をつけて欲しい5つの理由

手帳を持たせたい理由

大人でもそうですが、 成長する上で手帳をつけるメリットってたくさんあります。

今まで付けていなくても、中学生では是非手帳を付けて欲しいと思います。

kikico
kikico
私が子供に手帳を付けて欲しい最大の理由5つを詳しく解説していきますね!

頭の中を空にすることができ、するべきことに集中できる

頭の中を空っぽにするために手帳を付けて欲しいというのが1つ目の理由です。

小学生までとは違い中学生になると、課題や定期テストや検定試験、部活動で試合なども増える上に、行動範囲が広くなり親の関わらない友達との約束やイベントなども増えてくるのではないでしょうか。

くさん覚えておかないといけないことがあり、持ち物や時間など忘れてしまうこともあります。

常に「あれもこれも忘れてはいけない」という状況では、脳がいっぱいいっぱいになってしまい安心して一つの物事に取り組めません。

なので、忘れてしまっても良いようにするためのアウトプット先をすべて自分の手帳とします。そうすることで頭の中を空にすることができ、するべきことに集中することができるのです。

アウトプットする場所は手帳など1つのものと決めておかないと、メモなどではなくしてしまうので注意しましょう!

忙しい時間の中にも、必ず隙間時間があることに気が付くようになるため

手帳を付けると、忙しい中にも隙間時間があることに気が付くようになります。

中学生になると勉強も部活も忙しくなり、「ぜんぜん時間がない!」と感じてしまうかもしれません。一日の中で「やるべきこと」というのがとっても増えます。

だからこそ時間管理を自分でしっかりして、忙しい中にも実は隙間時間が存在しているという事に気が付いて欲しいと思うのです。

kikico
kikico
忙しくて、何もする暇がない!というストレスは大人でもあまり持ちたくはないですよね。

達成感を感じてモチベーションを保つため

何かをやり終えたという達成感は、次の行動へのモチベーションと繋がります。

なので、手帳にはTODOリストを書き自分のするべきこと、したい事を「見える化」して実感することが大切なのです。

kikico
kikico
でも、はじめはTODOリストの量のバランスが難しいかもしれません。

張り切り過ぎて、できないくらいのTODOを書いてしまい、こなすことが出来ずに逆にモチベーションが低下してしまう…なんてことも慣れてないうちはあるかも。

慣れてくると、無理のないくらいのTODOが自分で設定できるようになるので、自分でバランスが取れるように続けて欲しいですね。

目的達成するためのプランを立てられるようになるため

小学生のうちは、手帳をつけることで時間を意識して欲しいと思っていました。

中学生では、さらに自分の目的を確実に達成するために手帳をしっかりと活用して欲しいと思っています。

目的から逆算してスケジュールを立てることで、無理もなく焦らずに取り組むことができます。

大人になっても必要となってくるスケジューリングの第一歩。まず始めは、それを実践して達成できる感覚を身に着けて欲しいと思っています。

中学生のうちからPDCAの流れを自然と身につけてほしいため

PDCAという言葉をご存知でしょうか?

PDCAとは…

P…Plan(計画)、D…Do(実行)、C…Check(チェック)、A…Action(改善)

このサイクルを繰り返すことで、作業の効率化を目指した方法。

手帳を付けることで、中学生のうちからこのサイクルの流れを自然と身に付けることができます。

kikico
kikico
PDCAは大人になってもとっても大事。今のうちから、自然と身につけることが出来ればとても良いと思います。早いに越したことはありません!

手帳でスケジューリングをして、それを実践して、その後チェックして自分の行動を評価します。そして一番大事な「次はこうしよう!」といった改善をします。

一番難しいのが「改善」です。

PDCまではできても、その後ほったらかしにして「改善」を疎かにしてしまうのはもったいないですよね。意識して取り組むように、声がけするのも良いかもしれません。

手帳をつける時に参考にして欲しい本

手帳の良さを中学生でも非常に分かりやすく、読みやすくまとめてくれている本があったので紹介したいと思います。

手帳の役目やメリットが分かりやすく説明されていますし、具体的な手帳の記入例や図解が多いので子供にもとっても読みやすくておすすめです。

kikico
kikico
私が手帳を持たせたいな、と思っていた理由なども分かりやすく解説されていて、自分の子供にもこれは読んで欲しい本の一つです。

中学生におすすめしたい 週間バーチカル見開きタイプの手帳

PDCAが上手く回せるような手帳、それが上で紹介した「13歳からの手帳活用術」でもおススメしている「垂直・縦型バーチカルタイプの週間予定表」を使用している手帳です。

そんな、 週間バーチカル見開きタイプを探してみました。年間予定表、月間予定表つきが良いかなと思います。

ジブン手帳2020

ジブン手帳 公式ページ

ジブン手帳は色々なタイプ手帳があるので、それぞれに合ったものを選ぶことができます。とっても内容が充実していて、PDCAが綺麗に書き込むことができる手帳ではないでしょうか!

kikico
kikico
一度は自分も使ってみたい手帳です。(ここ数年ほぼ日手帳なのですが…)

カバーの色の種類も多く中学生が持っても全く違和感がありません。子どもには一番オススメしようと思っている手帳です。

能率 NOLTY 手帳 2020

現在はまだ発売していないのですが、能率手帳の週間バーチカルタイプのフォーマットはとっても書きやすそうな印象でした。

ただ、中学生が持つにはカバーが渋いかな…という印象です。デザインにこだわらなければ、中身は良いと思いました。

NOLTY手帳 公式ページ

ミドリ ポケットダイアリー 手帳 2020年 A6 ウィークリー バーチカル

この手帳はとにかくおじさん柄がかわいい!(笑)

可愛いだけでなく、中身も欲しいフォーマットがきっちり収納されている週間バーチカルなので、絵柄が気に入るのであればとってもおススメしたいです。

CITTA手帳 2020

この手帳は、プロジェクトシートがあるという事、マンスリーが見開きで2か月分見ることができるという事が面白いなと思った手帳です。

週間バーチカルタイプです。

グーグルカレンダー

アプリを使用するなら、グーグルカレンダーを使用するのも一つの手段化もしれません。

アナログが良いのか、デジタルが良いのか、こればっかりは人それぞれかなと思います。

最近グーグルカレンダーにはKeepというメモをする場所が出来たので、とっても手帳っぽく使えるようになったなぁという印象です。

スマホで管理できるので、手帳を持ち歩きたくない、デジタルですべて管理したい、という人はグーグルカレンダーを検討しても良いかもしれませんね。

おまけ

うちの中学1年生の息子は、「元素手帳2019」を使用中です。

この手帳も個性的でとっても良いのです。元素に面白く触れることで抵抗なく覚えることができます。なかなかこのような手帳は他では見たことがありません。

週間バーチカルタイプではないのですが、化学好きなら是非検討して見て欲しい手帳です。

最後に

なんだかんだ言っても、最終的には自分に一番フィーリングのあう手帳を選ぶのがいいのかな、と思います。気に入った手帳でないと書き込む気になりませんよね。これ、1番大事です!

ちなみに私は、毎年ほぼ日手帳です。

3年ほどデイリーを使っていたのですが、2020年はどうしようかなと迷い中です。

kikico
kikico
実は新しく発売されるほぼ日手帳の月間ノート手帳day-freeがとっても気になっています!

手帳をどれにしようかな~と悩むのも、毎年の楽しみの一つですよね!(笑)

それでは、皆さんも良い手帳に出会えますように…

最後まで読んで頂きありがとうございました。