iPadで家庭学習!中学生向け「通信教育・ネット塾」の6社比較と無料学習動画まとめ。

  • iPadが使える中学生向けのおすすめ通信教育が知りたい
  • iPadを持っている(購入予定である)ので、iPadを利用した通信教育が知りたい
  • 塾に通わず家庭学習で受験をがんばりたい

という方へ

こんにちは!kikicoです。

高校受験が気になるのが中学生。どのように高校受験対策すれば良いか迷っている方も多いのではないでしょうか。

現代はネット環境さえあれば、スマホやタブレットを利用して無料で塾のような学習動画が見れる時代になりました。

パソコンと比べタブレットが安く手に入るようになったので、タブレット学習というスタイルも一気に定着してきたような気がします。

今回は「iPadが利用できる」ことに絞って、おススメしたい下記の6社をピックアップして比較しました。

  1. Z会
  2. スタディサプリ
  3. デキタス
  4. すらら
  5. 秀英iD予備校
  6. アオイゼミ

iPadを使うことで通信教育だけでなく、様々な学習アプリも利用できることもメリットですよね。

通信教育も色々ありますが、どこが一番合うのかは人それぞれだと思います。是非色々と比較して検討してはいかがでしょうか。

kikicoのアイコン画像kikico
我が家の小・中の息子たちは「スタディサプリ」と市販の問題集+NHKforSchoolという組み合わせで家庭学習を進めています。

iPadが使える通信教育が知りたい、家庭学習で頑張って欲しいと思っている方の参考になれば幸いです。

目次

iPadを利用して勉強できる!中学生向け通信教育6社比較

それでは早速比較していきます。主な特長、料金などを表にまとめました。

Z会

Z会中学講座

自宅にいながら難関大学が目指せることができるのがZ会。 少々難易度が高いイメージがありますが、サンプル問題を見ても問題を解く体力がしっかりと身につく印象です。

iPad学習に力を入れており、一人ひとりに最適なスケジュールを生成してくれたり取り組みが記録されたりと学習内容を明確にしてくれます。

また、テキスト学習や添削問題などに取り組むことにより、難易度の高い記述式問題にもしっかり対応しています。

高校入試対策専用教材と丁寧な添削指導でトップ校合格を可能にする内容となっています。

使用できる端末 iPad端末(受講者はZ会特別価格で購入可能)
1か月の受講料 5講座セット 1ヶ月 9,970円~
主な特長 難関大学の合格者が多い。添削指導があるので、記述式問題にもしっかり対応。iPadを利用しながらも、書く力をつける学習を中心にした通信教育。

対応端末について知りたい方はこちらをチェックしてみて下さい。

Z会学習アプリ対応端末について

kikicoのアイコン画像kikico
内容はとても良いので気になるZ会。ただ、この教材をやりこなせるのかがポイントかなと思います。

スタディサプリ

スタディサプリ中学講座

授業動画を学年関係なく月額1,980円で見放題という、インターネット予備校。 個別指導コースも開設されスケジュール管理や効率の良い勉強の提案をしてくれます。

自分で勉強する意欲があるならばどんどん先へ進むことができるのが良いところ。苦手な分野は何度でも繰り返し戻ることもできるし、ピンポイントで学習できます。

それぞれの県の公立高校入試情報では試験の傾向と対策などもあります。

使用できる端末 iPadなどのタブレット端末、スマートフォン、PC
1か月の受講料 月額1,980円(全動画見放題)テキスト無料クーポン(5冊分)あり。個別指導コースあり(月額9,800円)
主な特長 小学生講座から大学受験講座などさまざまな授業動画が見放題。自分にピンポイントの動画を選ぶことで効率より学習できる。テキスト無料クーポン(5冊分)がもらえる。(テキスト内容の閲覧は無料)個別指導コースが開設され、更に学生へのサポート体制が整った。

14日間無料体験ができることに加え、2020年2月18日正午以降にスタディサプリ小学講座・中学講座のベーシックコースの新規の受講お申し込みをすると、テキスト冊子無料クーポンを【5冊分】 を貰うことができます!

1冊1200円のテキストが5冊分無料というのはありがたいですね!

kikicoのアイコン画像kikico
唯一問題数が少ないのが気になるところ。他のワーク等(ドリル等)で問題数を補いたいですね。個別指導コースも気になります。

デキタス

デキタス

デキタスは城南予備校で知られる城南進学研究所が運営している小中学生向けの通信教育。 小中学生のうちにきっちりと基礎力、学習習慣、自信をつけ、大学受験への基盤としたいという感じを受けました。

キャラクターイラストがふんだんに使われており、勉強に対する苦手意識を感じさせない工夫がされています。

学校の勉強を確実に理解できるように開発された学習システムで、勉強は楽しく!という方針が伝わってきます。

使用できる端末 iPadなどのタブレット端末、スマートフォン、PC
1か月の受講料 月額4,000円
主な特長 教科書内容に合った授業や演習問題に併せて、さかのぼり学習で復習などもできる。学校の勉強を自宅で自分のペースで取り組める。
kikicoのアイコン画像kikico
まずは、勉強というものに抵抗なく取り組むことが大事ですよね。そういう意味でもデキタスは取り組みやすい通信教育だと思います。

すらら

すらら

すららは、苦手をそのままにしないために無学年学習を取り入れている「自立学習応援プログラム」。特に発達障害の専門機関と共同開発させていているのが特徴的。

親の悩みへのサポートも充実していて、子供の特性に合わせて(落ち着きがない、集中力がないなど)効果的なアドバイス、勉強以外のサポートもしています。

授業の他に「まとめプリント」「ドリル」「学力診断テスト」「定期テスト対策」「英検・数検コース」「すららコーチによるサポート」「保護者用の学習管理ツール」等のすべてのサービスが受けられます。

学習プログラムとは別に、保護者向けに「勉強ペアレントトレーニング」という取り組みもしており、自主的に子供が勉強に向かえるような取り組みサービスもあります。

使用できる端末 iPadなどのタブレット端末(9.7インチ以上、横向き 推奨)、PC
1か月の受講料 中高コース(中学校1年生~高校3年生までの範囲が学び放題)の場合1ヶ月8,000円
主な特長 不登校で悩んでいたり、発達障害で学習が上手く進められないというお子様に寄り添った通信教育。一人一人に合わせた学習サポートをしてくれる。
kikicoのアイコン画像kikico
対象教科は「英語」「数学」「国語」の3教科なので注意してくださいね。

秀英iD予備校

秀英iD予備校

中高一貫教育の秀英予備校が開発した自宅学習プログラムです。自宅にいながら通塾している感覚で学習が進められます。

塾と同じ感覚で、 自分で時間を決めてしっかりと取り組める仕組みがあります。また、 全国の秀英予備校で利用しているテキストを利用することもできます。

使用できる端末 iPadなどのタブレット端末、スマートフォン、PC
1か月の受講料 総合コース(5教科)の場合 初期支払い金額¥20,900+翌月より¥11,000
主な特長 通塾している感覚で取り組めるのが特徴。自宅学習管理を行う「個別カルテ」の授業登録業などを利用して家庭学習をしっかりと定着できる工夫がされている。

秀英iD予備校公式ページはこちら

kikicoのアイコン画像kikico
田舎に住んでいて塾にはなかなか通えない!という方には実際に使用されているテキスト等が使えるのでありがたいですよね

アオイゼミ

アオイゼミ

中学生・高校生向けのオンライン学習塾のアオイゼミ。見放題の授業動画とテキストで学習を進めていきます。

授業のライブ配信があるのが特徴的。タイムラインも用意されていて、リアルな授業を受けている感覚で勉強が進められます。

無料で会員になれ、一部無料で授業動画を見ることができるので、気になったら見てみてはいかがでしょうか。

使用できる端末 iPadなどのタブレット端末、スマートフォン、PC
1か月の受講料 プレミアム会員の場合1ヶ月2,400円~
主な特長 有料会員になれば授業動画が見放題。ライブ授業があり、リアルタイムで授業が受けられる。タイムラインもあり、同じ環境の人と一緒に勉強をしている感覚が得られる。

アオイゼミ公式ページ

kikicoのアイコン画像kikico
ライブ授業とタイムラインで自分一人で勉強してるんじゃない!という感覚が得られるのが良いと思いました。

無料学習動画一覧

iPadなどのタブレットを利用した通信教育を6社紹介しましたが、その他にも現代はネット環境さえあれば無料で学習動画が見れる時代になりました。

学校の授業で分かりにくかった単元のみピックアップして見ることができるので、無料動画コンテンツはとてもオススメ。

以下におススメの無料動画コンテンツをご紹介します。

とくに、授業動画は講師がそれぞれ違うので自分に合った説明をしてくれる人を見つけることができるので、色々と動画を比べてみると良いかと思います。

kikicoのアイコン画像kikico
分かりにくい単元などは、もしかしたら別の動画を見れば理解できるかもしれませんよ!

新型iPadは安くなって買いやすくなりました

iPadですが、時代とともにどんどんと購入しやすい価格になってきました。新型iPadも3万円台で購入できるのでとってもコスパの良い学習デバイスだと思います。

うちのようにiPad(第5世代)が古くなってきて買替を考えないといけなくなっても、お財布のダメージも少なくて済むので大変助かります。

新型iPadはiPadProでしか使えなかった、アップルペンシルが使えるようになりました。アップルペンシルの代替品(価格は1/3程度 )などもありますので検討してみてはいかがでしょうか。

最後に

いかがだったでしょうか?

自宅にいながら塾のような学習ができる!というのが通信教育のメリットということで利用しようかな、と考える方は多いのではないでしょうか?

近くに塾がない、通うのに時間がかかってしまう…という場合には本当に助かります。

kikicoのアイコン画像kikico
比較してみるとどの通信教育もそれぞれ個性がるので、子供に合ったものを選んであげたいですよね。

それでは、よい家庭学習環境が見つかりますように…

最後まで読んで頂きありがとうございました。

あわせて読みたい
iPadで家庭学習!中学生向け「通信教育・ネット塾」の6社比較と無料学習動画まとめ。
iPadで家庭学習!中学生向け「通信教育・ネット塾」の6社比較と無料学習動画まとめ。 iPadが使える中学生向けのおすすめ通信教育が知りたい iPadを持っている(購入予定である)ので、iPadを利用した通信教育が知りたい塾に通わず家庭学習で受験をがんば...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次
閉じる