【iPadでピアノ学習】初心者~上級者まで本格的に学べて楽しめるアプリ「flowkey(フローキー)」をレビュー。

  • 自宅にいながら子供にピアノをしっかり学ばせたい
  • ピアノ教室が遠くて(時間がなくて)習わせることができない
  • 有名な曲を弾けるようになりたい
  • なかなか自分では子供にピアノを教えることができない
  • 大人になってからピアノを学びたくなった
  • iPadなどのタブレットを使ってピアノ学習したい

という方へ

こんにちは!kikicoです。

ピアノを弾けるようになりたい…!子供にピアノを弾けるようになってほしい…。と思っている方は多いと思います。

でも、ピアノ教室が近くに無かったり、大人になってピアノ教室に通うのは抵抗がある…などでなかなか実現できなかった、という方も中にはいるでしょう。

そんな声に応えるべく「自宅で自分自身で本格的なピアノ学習ができる」アプリがいくつか登場しています。

今回はその一つ「Flowkey(フローキー)」をご紹介したいと思います。

flowkey - ピアノ演奏を好きな曲で練習 フローキー
flowkey - ピアノ演奏を好きな曲で練習 フローキー
開発元:flowkey GmbH
無料
posted withアプリーチ
kikicoのアイコン画像kikico
ピアノ初心者の息子(小5)と子供の時に少しだけピアノを習っていた私(40代)が実際に使ってレビューしました。

自宅でのピアノ学習が気になっている、という方の参考になれば幸いです。

目次

実際に1ヶ月使ってみて良かった点

さっそくですが、まず使ってみた感想からお伝えしていこうと思います。(詳しいアプリの内容は後ろで書いています。)

少しだけピアノをかじったことのある私(ソナチネぐらい)にとっては、学習していてとても楽しいアプリでした。何となく弾いていたピアノを基礎から見直すのにも役立ちました

小5の息子はピアノ初心者なのですが、一人ですると疲れてくるようなので私(親)と一緒に時間を決めて進めています。

曲は初心者コースの「千と千尋」を頑張っていますが、少し弾けてきて本人も楽しくなってきたようです。

実際に1ヶ月使ってみましたが、かなり本格的なピアノ学習アプリだなぁと感じました。

kikicoのアイコン画像kikico
頑張ればこんなすごい曲が弾けるようになる!という気持ちになるので、モチベーションが保てるのが良かったです。

<良かった点>

  • 自宅にいながら気軽に取り組むことができる
  • 基礎から安心してしっかり学ぶことができる
  • 本気で学べばかなり高いレベルの曲までチャレンジできる
  • インターフェイスがシンプルで迷わない
  • 子供でも分かる解説になっている
  • 動画説明がある
  • 好きな曲を選んで練習できる
  • レッスン内容が幅広い
  • 幅広いレベルに対応しているから家族で使える

レッスンの最終地点のレベルがとても高い

とにかく収録されているレッスン曲の最終地点がとてもレベルが高いという事に驚きました。

遊び感覚で終わるのではなく、超本格的なレベルまで学べます。

あと、個人的には曲が移調されておらず、原曲のままだったのが嬉しかったです。(※全曲、移調されていないかどうかは確認できてません)

自宅にいながらピアノ学習アプリのみで、しっかり練習すればこんなに弾けるようになるの…?とびっくりするくらいのレベルの曲まで用意されているのが凄い。

かと言って、初心者には無理なのかと言えばそうではなく、基礎からキッチリ学べるようになっているので小学生からでも真面目に取り組めば確実に上達するな、と思いました。

kikicoのアイコン画像kikico
子供のころにピアノをかじっていて、大人になってちょっとまた練習したいな~と思っている方には特におすすめです!

イチオシの機能!練習したい部分をリピートして練習できる

苦手な部分をリピート練習できる機能があるのですが、操作性も分かりやすいく使いやすいので練習が苦になりませんでした。

とってもありがたい機能です。

改善してほしいなぁと感じた点

かなり優れたアプリだと思いますが、実際に使用してみて気が付いた点を数点あげると・・・

  • ゲーム性をつよくもたせてないので、小さい子供だと自分自身で進めるのが難しいかもしれないです。(パンパカパーン♪クリアです!おめでとう!って感じではないです)
  • 曲の検索が英語でないとできないものがあるので、お気に入りの曲が探しにくい
  • 曲数がちょっと物足りないかな(随時、日本曲も追加せれるようです)

子供が取り組む場合、ゲーム性があまりないように感じたので「今はピアノの練習時間だよ」というようにしっかり時間をとって親が見てあげた方が良いかなぁと思いました。

うちの子(小5)もはじめは自分だけで進めていたのですが、途中からあまり取り組まなくなってしまったので、親が一緒に見るようになりました。

また、少し曲の検索がしにくいです。

「バッハ」など、カタカナで検索しても曲が出てこないけれど、「bach」英語表記だと検索結果がきちんと出てきます。

英語表記のみしか対応していないのかな?と思ったのですが、「千と千尋」と検索したらきちんと曲が検索されたりします。

もう少し検索しやすいと助かるのになぁ~と思いました。

曲の検索

あとは、もう少し曲数を増やして欲しいです!きっとこれからどんどん増えてくると思うので楽しみです。

それでは、次に具体的なアプリの紹介をしていきたいと思います。

「flowkey」ってどんなピアノ学習アプリ?

flowkey(フローキー)の公式ページは下記になります。

flowkey(フローキー)の公式ページはこちら

フローキーってどんなアプリ?

「flowkey」(フローキー)とは

「flowkey」とは、ドイツ・ベルリンを拠点に、ヤマハ・ミュージック・ヨーロッパの提携により開発された ピアノ学習アプリです。

iOS(iPhone/iPad)、Android、PCで利用することが出来ます。

kikicoのアイコン画像kikico
画面の大きさ、操作性などからiPadなどのタブレットを使用するのが断然オススメです!

実際に自分の弾いたピアノの音を感知して反応してくれるアプリで、内容はピアノ初心者が基礎からしっかり学べるものになっています。

収録されている曲が1000曲以上あるので、自分の気に入っている曲で練習できるのがいいところです。

プロレベルのレッスンではかなり本格的な楽曲が用意されているので、はじめてピアノに触れる子供たちから、ある程度ピアノ経験のある大人まで幅広く使用できるアプリです。

料金について(8曲のみ無料)

はじめは無料でアプリを入れることができ、8曲まで利用できます。

全てのプランを使用するには、「flowkeyプレミアム会員」になる必要があります。

「flowkeyプレミアム会員」 の料金

  • 1ヶ月プラン…2,100円
  • 6か月プラン…9,100円
  • 1年プラン…12,800円(月/約1,067円)

年間がプランがかなりお得な料金設定になっています。

本格的にじっくりピアノを学びたいのであれば1年間くらいは時間がかかるので、このアプリを存分に使いこなすことを考えると、1年プランが良いのかな、と思います。

kikicoのアイコン画像kikico
1ヶ月約1000円なので、定期的に取り組むのであればアプリの内容からしてかなりコスパは良いです。

使用環境について

気になる環境ですが、 iOS、Android、PCどれでも利用することが出来ます。

またピアノ本体ですが、音を感知して反応してくれるアプリなので、本物のピアノやキーボード、MIDIキーボード、電子ピアノなど、どれを使用しても大丈夫。

kikicoのアイコン画像kikico
うちでは、MIDIキーボードか電子ピアノを使っています。
電子ピアノを使用
MIDIキーボード

このキーボードは小さくて持ち運びに便利ではあるのですが、難しい曲などの場合は鍵盤が足りなくなるので、はじめのうちのみの使用になりますね。

弾いた音を認識して弾いた音をチェック

音を感知してくれるのでコードを繋げなくても使用することはできるのですが、なるべくタイムラグをなくして確実に反応してくれるように、うちではMIDIケーブルを繋げて使用しています。

MIDIケーブルを接続

うちの電子ピアノは古いものなので、iPadを繋ぐために下のような変換ケーブルを使用しています。

Lightning USBカメラアダプタ

電子ピアノにMIDIポートのみでUSBポートがついていない場合は、下のような変換ケーブルを使用すると使えますよ。

変換ケーブル

本格的に学べる!具体的なレッスン内容は?

アプリを開くと下のよう曲を選ぶ画面が一番初めに出てきます。

メニュー

左側には曲、検索、マイソング、コースのメニューがあります。

kikicoのアイコン画像kikico
自分の好きな曲や弾きたい曲があるか検索して探してみるとモチベーションが上がります!

初心者でも安心!「コース」で基礎からじっくり学ぶ

メニューのコースを押すとレッスンコースの画面になります。レッスンコースは全部で8つあります。

レッスンコース2
レッスンコース2
レッスンコース3
kikicoのアイコン画像kikico
更にそれぞれ細かくレッスンが分かれています。

↓ ピアノにふれてみようコース>最初のステップ

コースの中
kikicoのアイコン画像kikico
また、さらに細かくレッスン内容が用意されています。

↓ ピアノにふれてみようコース>最初のステップ>ピアノの入門

最初のステップ

レッスンコースは解説動画もありとっても分かりやすいです。

音符の読み方から、テクニックやコードのマスターまで、幅広く学習できます。内容もかなりボリュームがあり、しっかり学べる内容となっていました。

コースの内容は?

たとえば、Cポジションの練習の場合だと下のような画面で練習します。実際に映像が出てくるので、音符が読めなくても進めることが出来ます。

Cポジションの練習

拍子のレッスンは下記のような感じで、楽譜をしっかり理解していけるような内容になっています。

拍子の練習

レベルに合わせて曲で練習できる!

自分のレベルに合わせて実際の曲の練習ができるのが曲コース。基礎的なことが学べたら、さっそくチャレンジしてみましょう。

曲に関しては現在1000曲以上の曲があり、バージョンアップで曲が追加されます。

レベルは「初心者」「中級者」「上級者」「プロ」の4段階に分かれています。

曲のレベル
kikicoのアイコン画像kikico
同じ曲でも、レベルにごとに用意されている楽曲もあります。練習をしてどんどんレベルを上げていきたいですね。
千と千尋

また、はじめの画面にはカテゴリーを選べるアイコンが用意されており、「クラシック」や「ゲーム音楽」などに分かれていて検索がしやすくなっています。

カテゴリー

練習の進め方は?

曲コースでは右手、左手と別々に練習できたり、スローで練習できたり、自分にあった練習パターンを選ぶことが出来ます。

曲の画面

また、指使いは映像を見ながら確認できます。間違えずに引けたらチェックが入るのでとても分かりやすいです。

弾けたらチェックが入る
kikicoのアイコン画像kikico
自分が苦手な部分のみを繰り返し練習することも可能。これはかなりありがたいです。
リピートして練習

最後に

いかがだったでしょうか?

ここは田舎ということもあり、ピアノ教室は近くにありません。なので、このようなアプリがあるというのは本当にありがたいです。

kikicoのアイコン画像kikico
なかなか時間がない方、近くにピアノ教室がない方などは是非使ってみてはいかがでしょうか?
flowkey - ピアノ演奏を好きな曲で練習 フローキー
flowkey - ピアノ演奏を好きな曲で練習 フローキー
開発元:flowkey GmbH
無料
posted withアプリーチ

まだ、はじめて1ヶ月なのでこれからまだまだ練習していきたいと思います。半年後、1年間と使用したレビューも随時追記しますので、気になる方は見に来てくださいね!

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

あわせて読みたい
GarageBand【サンプラーの使い方】子どもでも簡単に自分の声を録音して遊べる!(Apple純正無料アプリ)
GarageBand【サンプラーの使い方】子どもでも簡単に自分の声を録音して遊べる!(Apple純正無料アプリ) iPadやiPhoneで「声」を録音して遊ぶことができるアプリが知りたい子供に音楽作りの楽しみを覚えて欲しいGarageBandのおもしろい使い方が知りたいという方へこんにちは...
あわせて読みたい
ケルト音楽、D調(Dスケール)の曲が好きならティンホイッスルで楽しもう!初めてでも本格的な音が出る...
ケルト音楽、D調(Dスケール)の曲が好きならティンホイッスルで楽しもう!初めてでも本格的な音が出る...こんにちは!kikicoです。皆さん、ティンホイッスルという楽器ご存知でしょうか?きっと音を聞いたら「聞いたことあるっ」と思うのではないでしょうか。結構色々なとこ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次
閉じる