全部100均でできた!小学生におすすめ簡単ハンドメイド【おうちで美術の時間】

  • 子供が家で時間を持て余している
  • 小学生が家で楽しめるハンドメイドが知りたい
  • 簡単で子供でもできるハンドメイドってないかな?
  • 百均の材料を使ったハンドメイドが知りたい

という方へ

こんにちは!kikicoです。

お子様と一緒にお家時間を楽しもう!

kikicoのアイコン画像kikico
外出できない場合は家で過ごす時間が長くなり、子供たちは時間を持て余してしまうのではないでしょうか?

ゲームや読書、映画鑑賞も良いですが「何かを作る」美術の時間も、とてもオススメです!

今回は、全て百均の材料を使ってできる簡単なハンドメイドを3つご紹介したいと思います。

家で何して過ごそうか…?と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

※注意点もあるので、小学生3年生以上くらいがおすすめです。

目次

プラバンを使ったハンドメイド

プラスチックの板に絵を描きます。それをオーブントースターで熱を加えることで縮まって固くなり市販品のような作品が出来るというもの。

kikicoのアイコン画像kikico
プラバンというものがダイソーやセリアなどに売っていますよ!

透明なものや半透明のもの、色鉛筆が使用できる白いものなど色々種類があります。

こちらはダイソーで買った透明のプラバン↓

ダイソーのプラバン

こちらはセリアで買った白タイプのプラバンです↓

セリアで購入したプラバン

<材料>

  • プラバン
  • 絵を描く油性ペンや色鉛筆
    1つ穴パンチ(キーホルダーを作る場合)…お好みで
  • キーホルダーを作るための金具類 …お好みで
  • (オーブントースター)
油性ペン
百均で購入した油性ペン
1つ穴パンチ
ダイソーで購入した1つ穴パンチ
キーホルダーを作るための金具類
キーホルダーを作るための金具類

作り方はプラバンの商品袋に書いてあるので安心です。

絵を描き、周りを切り取りオーブントースターで熱し、平らになるように押さえる、という手順です。

うちで作ったものがこちら!特にキーホルダーにしなくても楽しいですよ♪

子供たちが作ったプラバンキーホルダー
kikicoのアイコン画像kikico
透明なプラバンだと写し絵ができるので、うちの息子はお気に入りのキャラクターなどの写して作っていました

出来上がったプラバンに、UVレジンを塗ってボリュームを付けるのもオススメですよ!

熱を与えるので、くれぐれも火傷に注意しましょう!大人の目の届くところですることをおススメします。

参考までに… オーブントースターを使わずに熱を与えることができる「エンボスヒーター」 もご紹介します。(こちらは百均ではありません!)

エンボスヒーター

UVレジンを使ったハンドメイド

UVレジンという液体を型に入れて、UV(紫外線)で固めて作るというハンドメイドです。

こちらも全て百均で材料が揃います。レジンを入れる型もたくさんあるので色々アレンジできますよ。

<材料>

  • UVレジン
  • レジン用塗料
  • レジンを流し込む型
  • キーホルダーを作るための金具類 …お好みで
レジン用の材料
百均で購入したレジン着色剤や色付きレジンなど
ダイソーのレジン
ダイソーで購入したレジン液
レジン用の型

作り方は型に流し込んで、UV(紫外線)太陽の光を当ててあげるだけ。お天気の良い日にお外に置いておくと数時間で固まりますよ!

作ったのがこちらです。

出来上がったレジン
のアイコン画像
色を付けたり、中にキラキラを入れたりアレンジも色々できとっても楽しいです。そして何よりとっても綺麗~♪

レジン液を直接手で触れるのは良くないので、手につかないように注意しましょう。うす手の手袋をおすすめします

木にUVレジンを付ける時は木にニスなどでコーティングしてからUVレジンを流し入れます。ただ、この方法はよくありません。ウッドレジンを作る時は2液性のレジンを使うのがセオリーです。(UVで固まるわけではありません。)

なぜなら、UVレジンを使うと木に染み込んでしまい、その部分が硬化しないからです。(固まっていない状態のものが肌に触れてしまう可能性があるためです)

UVレジンはお天気の良い日に太陽に当てると固まりますが、UVライトというものも売っているので、参考までにご紹介したいと思います。

500円ほどで購入したこちらのUVライト。安いのに不具合もなくとても便利でした。購入の際のポイントはUVの周波数をチェックしてください。お使いのUVレジンによって固まらない場合もあるようです。ダイソーで購入の際にはUVレジンLED対応がおすすめです。

ネイルで良く使われているようですが、レジンハンドメイドでもおススメです!

UVライト

樹脂粘土、セメントを使ったリメ缶(リメイク缶)作り

リメ缶とは、リメイク缶の略で、使用済み缶を利用しておしゃれな鉢にしたり、インテリア用品などにしたものです。

リメ缶には色々なもの(アイデア)がありますが、今回は空き缶の周りに塗る塗料を全て百均で揃えることができるリメ缶をご紹介したいと思います。

<材料>

  • 白の水性塗料
  • 白セメント
  • 樹脂粘土(造形用…お好みで)
  • 空き缶
  • ハケや絵具筆
  • ヤスリ(必要な場合)
リメ缶の材料
セリアで購入した白セメント、白の水性塗料、樹脂粘土
シーチキンの空き缶
シーチキンの空き缶

空き缶は混ぜた塗料が塗りやすいように、ヤスリで削りました!

白の水性塗料に白セメントを混ぜて空き缶の周りにハケで塗れば出来上がりです。

お好みで樹脂粘土でぼこぼこを付けてもいいかも!白セメントを使うことでザラザラ感が出ます。

出来上がったものがこちら。多肉植物の鉢になりました~

リメ缶
kikicoのアイコン画像kikico
家の中に飾るとなかなか雰囲気が良いので、高さのあるものや横長のものなどいくつか作りました!

空き缶は手を切りやすいので、扱いには十分注意してくださいね!

最後に

いかがだったでしょうか?

プラバンやレジン、リメ缶はたくさんの方が素敵な作品を作っています。

でも、実は子供にでもできるんです!

今回紹介した3つは、プロ並みも方もたくさんいますが、子供たちでも簡単にできてとっても楽しめるのでおススメさせてもらいました。

kikicoのアイコン画像kikico
百均で材料が揃えることができるのってとってもありがたいですよね。作るのに敷居が高くなく、気軽にすることが出来ます。

家ですることに困っている~という方は、是非作ってみてはいかがでしょうか?

それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次
閉じる